フラワーエッセンス研究家の葛葉です。 › フラワーエッセンスコンファレンス(会議)

2014年06月01日

地球と繋がる・大地と繋がる 木村秋則さんの本を通して- その2-

土の学校 木村秋則

土の学校

次に来たのがこの本「土の学校」。

土のことを中心に、木村さんが読者からのちょっとした質問に答えながらすすんでいく本でした。

一掴みの土の中には、地球の人口の何倍ものバクテリアが暮らしている。

小さな小さな微生物を拡大してみると、その中にも草食系の微生物と肉食系の微生物がいて、私達が生きているこの世界の縮図のような世界が繰り広げられている。ジャングルや海の底と同じように、そこにも食うものと喰われるものの繰り広げられる世界がある。

小さな生き物たちにとって、ひとにぎりの土は、まさしく自分たちの生きる世界であり、宇宙。

今日(2014/5/30)テレビで都市開発機構URが、宅地内の敷地の雑草を刈るために、ヤギを飼い出したら、他にも思わぬ効果があったと紹介されていました。

この本の中には、木村さんが小さいころ、馬が農耕機械のかわりに働いていて、その餌は、田んぼのあぜに生えている草。馬に餌やりをすることは、同時にあぜの草刈りをすることになる。

そして、馬の糞は堆肥になる。

自然は、必要なものを供給してくれ、不要になったものは、また地球の循環に戻してくれる(それが土)。

農耕機械がいらなくなったら、田んぼのあぜの草には、除草剤。

肥料や農薬を使うことで、土を肥やして滋養を与えてくれる、畑の微生物や細菌、バクテリアを殺してしまい、土に元気がなくなった。

そして、その土から養分をもらって育つ植物も豊富な養分が足りず、育てないので、肥料を追肥する。

微生物やバクテリアが豊富にいると、病気や害虫にもやられないほど、また、病気になっても、虫に喰われても、自分で治したり、虫に対抗できる強い木や作物が育つ。

微生物や細菌が元気で、たくさんいるところでは、せっせと働いて分解して土を作っているので、いくら掘っても地面の温度はあったかいんだそうです。そして、フカフカでふわふわ。

普通の畑は、ちょっと掘っただけで、土の温度がすぐに下がるんだとか(ちなみに、作物はそれを嫌がって、根が伸びないそうです)。

人間の体も、腸内細菌とかいて、体を維持したり、健康に保つのを手伝ってくれています。


本より抜粋します↓----------------------

土は、人間の食を生産する母体です。そこにはバクテリアだとか、菌類だとか、無数の微生物が存在して人間の命を支えている。縁の下の力持ちなわけだ。

その土の豊かさは肥料分ではなく、そこで活動している微生物と、植物の関係で決まるのではないかと私は思っています。

そう考えれば、私の畑のリンゴの木は元気に育っているのに、山に植えたリンゴが枯れた理由も分かります。山の土で作った苗床で、苗が上手く育たなかった理由も同じです。

植物にとって土中の微生物は、私たち人間にとっての腸内細菌のようなものなのだと私は思っています。腸内細菌は何百種類もあるのですが、どういう細菌がどのくらいいるかは、同じ人間でも大きく違います。

例えば、海藻の繊維質を消化できる腸内細菌がいて、日本人の多くはその腸内細菌を持っているけれど、欧米人はこれをほとんど持っていないと聞きました。肥満になりやすい体質の人は、ある種の腸内細菌が少ないということも、細菌の研究でわかったのだそうです。

(中略)

土の中の微生物と、上手く共生することができて初めて、植物はそこで生きていくことを許されるのです。そしていったんその土地に受け入れられれば、土中のバクテリアは植物が生きていくのに欠かせない栄養を与えてくれさえするのです。
------------------------------------------

(土中の栄養素や植物の成長を高めるためのバランスを整えてくれる)土壌細菌の存在を忘れて、単純に土壌を分析し、この土地は窒素分が多いとか、リン酸分が少ないとか言ってもあまり意味はないのではないかと私は思います。

土は生きているのです。それは、無数の微生物の生命活動が織りなすひとつの生態系なのです。そういう土の持つ力は、そこに含まれている養分を分析するだけでは、とても理解しきれるものではありません。

それは健康診断するのに、人間をすりつぶしてどんな養分が含まれているかを測るのと同じことだと言ったら、言いすぎでしょうか

------------------------------------------

リンゴの木は、一本一本みんな違う。その違いにしっかりと目を向け、同じ生き物同士、一対一で向かい合うのがリンゴの木との唯一の正しいつきあい方であることを、私は長い百姓生活の末に学びました。

もちろんそれはリンゴだけでなく、この世界に生けとし生きるものすべてがそうなのです。草だってそうです。ひとつの草をよく観察すれば、同じ種類の草なのに、生えている場所によって、全く別物のような姿をしている草もあるのです。

------------------------------------------

本当の意味で自然とつきあうには、一対一で生身の心と体で、自然と向き合うしかないのです。知識はそのつきあいのためのガイドブックの役割は果たしますが、いくらガイドブックを読んでも、それは自然とつきあっていることとは全く違うのです。

抜粋ココマデ↑-------------------------

面白いなぁと思ったのは、枝の剪定をする時は、その木の葉っぱをみて、葉っぱの葉脈のように剪定すると木が伸び伸び元気に育つこと。

また、根っこのバランスと木のバランスを一緒にすると、木の負担が減るそうです。

要は、植替えの時に、根がダメージを受けて、短くなっています。なので、地上部の木の部分も剪定して、少し減らすと、木の負担が減って木が元気になるんだそうです。

世界は、どこを見ても、小宇宙があって、その中でも、生き物が精一杯暮らしている。

広大な宇宙の中に、小さな地球があって、その中に私達人間が暮らしているのと同じ世界が、私達の足元の土の中にも、また、私達の体内にも、あらゆるところにも存在している。

木村さんの話の中の、「土」や「リンゴの木」を、私達が生活している環境・世界、私達・子供たちに置き換えれば、そのままコンファランスでプロデューサーたちが伝えてくれたメッセージと同じだなぁ~と思いつつ、読んでいました。


コンファランス最終日にみんなで作ったグランドマザーエッセンスは、こういう感覚を自然に身につけてくれる力もあるような感覚があります。

実際には、木村さんの仰るとおり、実際に土に触って、自然の中で過ごすことが最も大事ですが、でも、現代人は、あまりにも自然や土とかけ離れすぎてしまって、あまりに遠すぎるものとは接点がなさすぎて、自分から歩み寄っていくのに躊躇して、なかなか出来なかったりします。

頭では、そうしたほうがいい、そうしなければならない、自然の中に行ったほうがいい、土に触ったほうがいいと、左脳レベルでは捉えても、それは“ねばならない”という義務となってしまって、それがしんどくてやりたくないほうに行ってしまいます。

グランドマザーエッセンスはね、こういう、

  “地球を救うためには正しいことをせねばならない!”という義務を感じている“肩肘の張った”頑張り屋さん

をするのではなく、

 【ありのままで自然の姿で、肩から力を抜いて周囲を見渡してごらん】

と気づかせてくれるかのようです。

そうして、周囲を見渡した時に、ふっと目に入ってきた花や、木々、生き物に対して、その中に、輝くばかりの美しさと光を感じて、ウットリと見惚れてしまう、、、、という感覚を呼び覚ましてくれるようです。

そして、そうなると、同時に、地に足がしっかりとついて、地球と共に生きている感覚が強く出てきます。

そうなると、、、、 今、自分が何をしたらいいのか、すっと分かるようになります。

そして、この時点で、もう自分が一人ではなく、地球や大地や宇宙と繋がっているので、自然と、周囲と調和しながら動いていける人となっている。

このエッセンスは、そんなエネルギーを与えてくれているような気がします。

無理して、遠い自然に行かなくても、また、頑張って体にいいものを探しに行かなくても、今自分がいるここで、自分の周りにあるもので、どうしたら、調和を生み出していけるのか?と思った時に浮かんだ直感で動いたらいい。

そんな感覚を呼び起こしてくれるような気がします。


このエッセンスの体験談が徐々に集まってきていますが、面白いのは、ほとんどの人が、飲み始めてすぐ、よく夢をみるようなのです。

その次に、また次の段階に入ってきて、変わってきます。夢を見る回数は元に戻ると共に、なんというか、、、今何をする時か分かって、自然に動き出すとか、そんな感じ?

その次は、、、、 あらゆるものの中に、美しさや素晴らしさを感じて、心の底からウットリするようなw

あ、これ、私の体験談でした(笑)。

まだまだ、謎のエッセンスなので、これからですね~
  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 10:06フラワーエッセンスコンファレンス(会議)

2014年05月31日

地球と繋がる・大地と繋がる 木村秋則さんの本を通して- その1-

リンゴの心 木村秋則

リンゴの心

国際フラワーエッセンスコンファランスから帰った後、私の手元に向こうから飛び込んできた本。

読み終わってから、“これも、まさしく、地球や大地に繋がるサポートとして来てたのね(ノ∀`;)” と思わされます。

「奇跡のリンゴ」で有名な農家の木村秋則さんの本です。

つくづく知りましたが、木村秋則さん、ホント、色んな分野の人と対談したり、本を共著されてたりするから驚きます。

色んな角度から、木村さんの教える自然農法、リンゴの奇跡について様々な視点から知ることが出来ておもしろいですよ。

木村さん自身、なんでこうなるんだろう?と思っていたことが、専門家が向こうから興味を持ってやってきて、対談しているうちに、アッサリ教えてくれるという形で、次々本が出ているような気がします。

リンゴの心で、木村秋則さんと対談しておられるのは、天台宗の大僧正 荒 了寛さん。ハワイで布教している方。

木村さんの本の表紙の木村さんの笑顔に惹かれて手にとったのがきっかけとか。

木村さんが、絶対に不可能と言われているリンゴの無農薬栽培を成功させたのはなぜか?というのを宇宙的な視点で話されています。

その中で、いくつか私の心に留まったところをご紹介します。

-----------------------------------------------
  ケニアの人たちは、畑に入る時、必ず靴を脱ぐんですよ。
  わざわざ裸足になって作業を始めるわけ。

  「畑は命が生まれるところです。靴を履いて歩いたら失礼になります。」

-----------------------------------------------

  養分を過剰に作ろうとしないんです。

  自然界では決して過剰もないし不足もありません。

  一番調和の取れた世界だと思いました。

-----------------------------------------------

  自然の力に任せるということは、人間は何もしなくてもいいということではなくて、
  自然の摂理に適ったお手伝いをするという意味です。
  手抜きをしてラクをすることではない、と私は思っています。


  リンゴも私達も互いに活かし合う関係を築くとこが大切です。

-----------------------------------------------

  仏教では、「(あらゆるものは)思い通りにならない」と言い、物事は機が熟せば
  (原因と条件が整えば)結果すると説きます。

  木村さんのお話を伺っていても、ただやみくもに頑張ったのではなく、
  リンゴがなるための原因と条件についての理論を徹底的に見極めたうえで
  実践されたことがよく分かります。

  ですから、特に若い人たちには、「がんばれ」とか「とにかく努力しろ」などという
  言葉に惑わされず、自分のしたいこと、その実現のためにしなければならないことを
  しっかりと見極めてほしいと思います。

  そして、大人は、軽々しく「がんばれ」となどと言わないことですね。

  今必死にがんばっている人にとって、他人から「がんばれ」と言われることは
  どれほど重圧になるかを、意識しなければなりません。
-----------------------------------------------
  人は自分の利益だけを追い求めて行動すると、たいていはうまくいかないものです。
  ちょっとしたトラブルが起きた時にもつまずきやすくて、挫折しがちなんですね。

  ところが、自分のことよりも、まず人様のために行動している人は、
  いろんな苦難に直面してもそれを乗り越えていけるんです。

  とにかく大変な思いをするんだけれども、不思議な縁に恵まれたり、
  思いがけない人に支えられたりして、結果的に苦労以上の歓びを
  手にすることになっているようですね。
-----------------------------------------------

  物づくりの世界でも、その基本となる心構えを後継者に伝えることを忘れ、
  技術的な指導ばかりしていると、どこかで道が途絶えてしまう。

  結局、どんな世界でも最後は心の問題に行き着くんですよ。

-----------------------------------------------

  人に対しても自然に対しても心は必ず伝わる、伝わってしまうんです。
  だから、どんな知識を学ぶよりも、どんなに素晴らしい技術を習得するよりも、
  まず自分の心を育てることが第一です。

-----------------------------------------------


木村さんは、農業指導の他に、学校にも講演に行かれています。

農業も子供を育てるのも同じなんだなぁ~と、しみじみ感じさせられます。

感謝の言葉をかけつづけた木は、幹が太くなり、なんの言葉もかけなかった木は幹が細い。

でも、木村さんの言うことを聞かない“つっぱり”の木もいるんだそうです!

「学校でも、意固地になっているのか、いじけているのかわからない生徒がいたり、肩肘張って突っ張った感じのする生徒がいたりするでしょ。リンゴの木にも、性格的に同じようなタイプがいて、どんなに愛情をかけても素直に受け入れてくれない木があるの。私の農園にも、一個も実らせてくれなかった“つっぱり”がいましてね。」

この木がどうしたかというと、脚本家の内館牧子さんが農園に来た時に、その話をしたら、内館さんが木に向かって、こう言って叱ったそうです。

  「いつまで突っ張ってるの?もういい加減につっぱりなんかやめて、そろそろ実をならしたらどうなの」

そしたら、翌年の秋に6個実がなり、以来、毎年リンゴが実るようになったそうです。

リンゴの木は、木村さんの思いや、人々の言葉がちゃんと分かっているw

農家の人が技術的な話を聞きたくて、集まっている農業指導の集まりでも、冒頭から自然栽培の説明を始めると、不思議と会場内がざわついて参加者の反応がよくないんだそうです。すぐにそういうことを話しだすと、彼らの心が木村さんからすっと離れていくのが分かるんだそうです。

ところが、「私は毎日リンゴの木に話しかけます。リンゴも人間と同じでいろんな性格の木があって・・・・」と話し始めて、そこから、なぜ今この栽培法が必要なのか、どういう気持で農業に取り組むべきか、といったことを話していくと、真剣に耳を傾け始めてくれるそうです。


.> > > > > その2 につづく


  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 10:09フラワーエッセンスコンファレンス(会議)

2014年05月27日

国際フラワーエッセンスコンファランスレポート 完成&発送

国際フラワーエッセンスコンファランスレポート

国際フラワーエッセンスコンファランスレポート

5日間に渡った国際フラワーエッセンスコンファランスのレポートが完成しました。

印刷して、サポーターの皆さまに順次発送しております。長らくお待ちいただき、ありがとうございます。

1日につき、30~50ページのレポートになりました。

全日レポートで、総ページ数は、204ページ。 添付資料は、64ページあります。

1日目のレポート、最終日のレポートを先行でお送りした方から、こんなご感想をいただきました。

『レポートも、いろいろ興味深いです。
続きのレポートも楽しみにしています。
エッセンスのレポートを読んでいるだけでも効果あるみたいで、
自分の考え癖に気づいたり、やたら眠い感じもしています。

レポートの最後の方にありましたが、
医療で抑える治療に慣れている現代の人々が、
フラワーエッセンス、その他の代替療法で、
出していくような療法にも、
目を向けて受けれるように気付いていけたらいいなと思いました。』

とても嬉しいご感想をありがとうございます。・°°・(>_<)・°°・。

コンファランスのエネルギーを感じていただきたいという思いと、
コンファランス中の私の感想や解説コラムも入れさせて
いただいております。

このレポートは、一般配布はしておらず、サポーターさまにのみ、
お礼で送らせていただいておりますが、それぞれ1部ずつ保存用として
私の手元に置いているものは、貸出させていただきます(必ず、ご返却下さい)。

現時点では、直接手渡しできる方のみを貸出対象と
させて頂きます。

このブログでも、一部を抜粋して、少しずつ、
ご紹介をしていこうと思います。お楽しみに♪

コンファランスの最終日にいただいたグランドマザーエッセンスも、
その後から飲んでいます。

私だけでなく、お試しになった方が全員(現時点では二人)
とてもよく夢を見るようになって、夢の内容もとてもクリアで
象徴的とおっしゃっておられます。

私は、同時に、地球にしっかりと足をつけて立っているような
感覚も強くなってきています。

レポートを書き終えてから気づきましたが、シンクロも来まくりでした。

コンファランスから帰ってから4日後に、たまたま図書館に行ったのですが、
その日は、なぜか、普段は絶対に行かない棚にフラッと行ったのです。

そこで、この本を見つけました。



地球の祈り

自主上映のドキュメンタリー映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」の監督夫妻の書かれたエッセイです。

第6番を撮影していた時のことが書かれていた本です。

コンファランスのレポートをまとめるのに没頭していたので、
この本も読まずに放置していたのですが、返却期限が
近づいたので、焦って読みました。

すると、この本の中に、コンファランスに来られなくなった
プロデューサーの空き時間に、急遽決まったコンサート、
「ディジュリドゥ」というオーストラリア先住民族の楽器について
書かれているところが出てきました。

ディジュリドゥの音色は、普段触れることのない、私の
領域を揺さぶる感がありました。

でも、それをうまく文章で表現できなかったんですね。

この本の中で、龍村監督が“そうそう!これ!”という
的確な表現で書いて下さっていたので、抜粋させて
いただきました。

よくよく見てみれば、コンファランスで演奏して下さった
稲垣遼さんは、地球交響曲でディジュリドゥの音色を
聴いて魅せられて、ディジュリドゥを始めたと書いておられました。

まさしく、この本に書かれている第6番のことだったんですね(^-^;

それだけでなく、この映画の中の他の出演者を撮影するために、
アメリカに入った翌日、すぐ近隣で「ハリケーン・カタリーナ」で
甚大な被害が出たという逸話も出てきました。

実は、今回のコンファランスで、パワーオブフラワーヒーリングエッセンスの
プロデューサー イーシャー・ラーナーさんが紹介して下さったのは、
『ハリケーン・カタリーナの被害の後、冬眠していた原生アイリスが
咲き出した。そのアイリスで作ったエッセンス』だったのです。

このエッセンスの説明文を抜粋します

------------------------------------------------------------------

ルイジアナ州ニューオリンズでハリケーンの爪痕の残るなか、
まるで癒しや復活のちからを与えるかのように
盛んに咲いたルイジアナアイリスの豊かな美しさ は、
ニューオリンズの鮮やかで情熱的な表現力を映し出していました。

それはハートと魂に生命力が戻ってきたことを象徴しているかのようでした。
イーシャは アイリスの生命力をとらえることを目的にし、
ルイジアナの湿地を訪れ、世界のため、
特に癒しの最中にある日本のために、
アイリスのヒーリングエッセンスを つくることができました。

------------------------------------------------------------------

コンファランスで集まった人々は、
“たまたま” 私が図書館で手にとった本の示している
時代に関わっていたということです。

地球交響曲第六番のテーマは、

  “虚空の音を聴く”

  “音を観て、光を聴く”

でした。


今回のコンファランスでは、エッセンスだけでなく、
コルテさんのHLT(ホリスティック・ライト・トリートメント)が
紹介されたり、ほぼ毎晩、様々な層を刺激する様々な
楽器によるコンサートが催されました。

私自身、レポートにも何度も書きましたが、
フラワーエッセンスも、音も、光も、その他もろもろ、
ただ、周波数が違うだけで、全ては波動の
別の形の表現です。

「地球の祈り」という本と、
2014年の国際フラワーエッセンスコンファランスは、
確実にシンクロしているように感じています。

コンファランスの波動が、
“耳には聴こえない音”、“目には見えない光”となって、
日本中に響き渡りますように(^人^)

私が今回作ったレポートも、その一端を少しでも
担えれば嬉しいです。
  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 21:47フラワーエッセンスコンファレンス(会議)
アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。