フラワーエッセンス研究家の葛葉です。 › Wild Earth アニマルエッセンス

2015年12月10日

Wild Earth アニマルエッセンスのチョイス

Wild Earth アニマルエッセンス スパロウ

ご相談内容:

アニマルフラワーかフラワーエッセンスで、自分の本音や言いたいことを、表現したり、ブログに書いたりするのに、合うものが欲しい。


ご回答:

テーマと離れるように感じさせてしまうかもしれませんが、最初に浮かんだのは、スパロウ(すずめ)のアニマルエッセンスです。

これ、日本人の多くが必要なエッセンスで、そこはかとない恐れや不安を乗り越えるサポートです。周囲に気を配るあまり、自ら縛って動けなくしがちの日本人気質によいです

それと、バンブルビー(まるはなばち)。
不可能を可能にするサポートで、自分には絶対に無理!と思い込んでいる人に。

他者と繋がりを持つことの支援、引っ込み思案、遊び心、好奇心、自己表現を育むサポートするチンパンジー。

自己表現、表現することに自信を持ちたい時、持っている知識や表現することに自信を持ちたい時のゴリラ。

ただ、アニマルはスピーディーだけに、自分のペースでゆっくり進まないと不安になる方は、効果をブロックする場合もあるので、フラワーエッセンスがいい場合もあります。

自己表現、クリエイティビティのサポートのフラワーエッセンスもありますが、XXさまの場合は、そこを開くというより、足を引っ張る何かしらのブロックを開放するほうじゃないかな?と感じます。

ピンとこない場合は、他にも色々ありますので、ご紹介します。遠慮なくいってください(^^)



最終的に、スパロウ(すずめ)とバンブルビー(まるはなばち)をお選びになりました。

Wild Earth アニマルエッセンスは、“行動したい!”時に、とてもいい後押しをしてくれます。 どうぞ、いい結果に結びつきますように。心より、お祈り申し上げます。  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 23:12Wild Earth アニマルエッセンスご相談事例

2015年12月10日

誰かに監視されているような・命を狙われているような恐怖

FES マウンテンペニーロイヤル


高校生くらいの時から、いつも誰かに監視されてるような、命を狙われてるような、被害妄想が手放せないことに対するフラワーエッセンスの調合のご依頼です。

本来ですと、ご近所のよいところで、カウンセリングを受けながら、フラワーエッセンスを使うほうがよいので、そうお勧めさせていただきましたが、現時点では難しそうでしたので、ある程度の緩和という目的でご提供させていただきました。

今回は、ある程度落ち着かれたら、ご自身でご近所でカウンセリングを受けれるところを探していけるエネルギーも活性化していただきたいので、アニマルエッセンスもブレンドしています。

今回のブレンドのテーマは、『浄化・プロテクション』です。

==========================================

FES  マウンテンペニーロイヤル


他人のネガティブな思考を吸収する。霊的に汚染または憑依されやすい。

→ 思考力の強さと明晰さ、精神的統合性とポジティブさ。


FES  パープルモンキーフラワー

オカルト的なものや、あらゆる霊的、精神的経験を恐れる。「家族や自分が属する社会の宗教から離れようとすると報復を受ける」という恐怖。

→ 精神的あるいは霊的出来事を経験する際に、内面の平静さと明晰さを保てる。自己の精神的経験や導きを信じる勇気。恐れよりも愛に基づいた精神性。


FES  オレゴンクレープ
パラノイア。自分を守らなければならないと感じる。他人が自分に敵意を持っていると思い込む、また敵意をもって扱われることをあらかじめ予期する。

→ 愛情をもって他者を含めることができる。まわりから善意を期待できる。人を信頼できる。


ヒーリングハーブ アスペン
未知のものを恐れる。そこはかとない不安や懸念、隠れた恐れ。悪夢。
→ 信頼と自信をもって未知のものに向かえる。目に見えない世界から、内面の強さを引き出せる。


WILD EARTH アニマルエッセンス PROTECTION プロテクション
(タートル(感情面、精神面の保護)/アルマジロ(健全に身を守る)/スカンク(保護))

護身
身を守りたい時に
· 感情的にきつい状況や環境から身を守る
· 他者からの攻撃から身を守る

==========================================

年末は、普段よりも、街の喧騒も、人の様子も、どうしても、慌ただしく、荒くなりがちです。 敏感な方は、影響されやすく、危険な時期でもあります。

どうぞ、プロテクションしてくださいね。  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 23:04Wild Earth アニマルエッセンスご相談事例FES フラワーエッセンス

2015年07月04日

ギャングエイジの子どもに

ギャングエイジとは......

『児童の発達に現れる特徴の一つ。8才〜10才、小学3年生、4年生頃。特に3年生頃から、顔ぶれの決まった5~6人の友達と結束の強い集団を作り、活発に遊ぶことに情熱を燃やすようになって来る』

ゆえに、親や教師の保護や干渉に、なんでもかんでも、うんざりするほど反発してくるという時期です。「今までは何でも言うことを聞いてくれていたわが子が、なんとなく扱いにくく感じられる時期」でもあります。


ラビングチャイルド

Wild Earth アニマルエッセンス『Loving Child』は、ギャングエイジでなくても、どの世代の子どもにも、そして、すでに大人になった“体が大きくなった元子ども”にも、お勧めです。

Wild Earth アニマルエッセンスのシェアリングラブシリーズのうちの「ラビングチャイルド」です。

このシリーズは、人生において、愛を表現していくチャレンジを助けるものです。

ギャングエイジの子どもはもちろん、自立心が旺盛になった子どもは、親や教師のいう事に、なんでも反抗したくなる成長過程があります。

とにかく、反発したいだけなので、後で自分の首をしめて自分で困ることになっても、親や先生と反対のことを言って反発してくる時代。大変です(笑)。

そんな子どもに毎日接していると、どんなにカワイイ愛しい子どもでも、“いい加減なことばかりを言う口先だけの詐欺師に、毎日あしらわれているような気分” になって、子どもに教えたり注意する時に、“どうせやるって言っても、どうせ、あなたは絶対にやらないよね(-_-メ)” というヤクザな気分になってくるものです。私がそうでしたから(笑)。

はっ!(゚д゚)! これじゃあ、いけない! 子どもに対する不信感は子どもに伝わって、子どもはさらにその通りのことをするだけ。

でも、毎日、小さな “口先だけ詐欺師” に接していると、どうしても、こちらの神経が逆なでされて、頭でわかっちゃいても、感情が刺激されて、腹が立ったり、イライラしてしまうもの。

そんな時こそ、エッセンスの出番です!

一番に、思ったのは、『ラビングペアレント』というブレンドの方でした。

このエッセンスは、こんなエッセンス↓

========================================
自分の子供のために、よりよい、愛にあふれた親になることをサポートしてくれます。
とにかく奉仕の精神で、強くサポートできるようにサポートしてくれます。

そのために、コマドリ(ロビン)の慈愛の能力です。

自分の中のインナーチャイルドに対しての、よりよい親になるようにもサポートしてくれます。

自分の子ども、もしくは、自分の中のインナーチャイルドに奉仕してくれます。
========================================

これだっ!と思いましたが、いえいえ、子どもが何にでも反発して、素直でないがゆえに、子ども自身が、せっかくのチャンスを逃したり、逆に、困ったことに追い込まれているのもみているので、“いい親” になるためのエッセンスより、こっちのほうがいいだろう!と思い直しました。

それは、Wild Earth アニマルエッセンスのプロデューサーのダニエルさんの一人息子のガブリエル君がこう言って作られたエッセンス。

ガブリエル君「パートナーシップとか、親になるというのもあるんだったら、子供用も必要なんじゃない?」

そして、『愛にあふれた子ども - ラビングチャイルド』というエッセンスが出来上がりました。

このエッセンスは、実際の子どもが愛にあふれた状態にいられるようにサポートしてくれるエッセンスですが、‘今現在この子ども’だけでなく、すでに大人になった大人の中のいる小さな子ども(インナーチャイルド)もサポートします。

子どもが、ハートをもった子ども、そして、純粋な状態でいられるように。子供がそんな状態になれるようにサポートしてくれます。そこと繋がれなくなった子供もサポートします。自分の心との繋がりを取り戻せるようにサポートしてくれます。


面白いことに、これを飲んですぐ、私は、子どもが ‘しないこと’ではなく、‘してくれていること’のほうに、次々気が付くようになり、“この子は、なんてありがたい子なんだ!なんて素晴らしい子なんだ!なんて優しい子なんだ!” と心に染み入ることが次々にやってきて、もう抱きしめて感謝したい気持ちでいっぱいになることが続きました。

アニマルエッセンスは、本当に分かりやすく変化と効果を感じます。

子ども自身も、落ち着いたようです。 前みたいな、イヤミな言い方はなくなってきました。

とはいえ、やはり、彼にとっては、子どもから大人へ成長する大切な過程で、自立心を養う時期。やはり、幼児時代のように、大人に言われることを大人しくするのは嫌なのは変わりません。

しかし、このエッセンスを摂ることで、たとえ自分がそんな時期であろうとも、周囲への愛を忘れない大切さを本能的に感じ取っているように感じます。

子どもは、純粋で素直だから、こういう時も、エッセンスの効果を素直に受け取って活用できます。

親の都合で、子どもにいう事を聞かせたいという思いだけで使っても、子どもはそれも感じ取るので、逆に反発したりします。 そう思う自分も、きっと自分の中のインナーチャイルドが同じように反発していると思って、一緒に飲む方がいいですよ(^^)
  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 08:05Wild Earth アニマルエッセンス
アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。