2014年01月30日

妊活 森三中 大島さん


(c) .foto project

お笑い芸人トリオの「森三中」の大島美幸さんが、妊活に入るため、今春から休業されると発表されました。

メンバーの村上和子さんも、2013年10月に妊娠を発表し、同日(前日?)に、2月から産休入りに入ると発表がありました。

もう一人の黒沢かずこさん、一人になっちゃいますね。黒沢さんの心境も気になります。


大島美幸さんは、34歳。 ご主人の鈴木おさむ氏は、41歳。

高齢出産と呼ばれるのは、35歳以上だそうです。それもあったんでしょうね。

つい先日、ブログで「赤ちゃんが欲しい」という日記を書いたところでした。

最初は、“そのうち、子供も出来るから、自然に任せておこう” と思って何年も過ごされてきたんでしょう。そんな時に、流産されたので、ショックも大きかったに違いありません。

先日のブログで、私の周囲の、“長年子供ができなかったのに、アッサリできた” という人のパターンをみると、やっぱり、同じパターンが多いです。

実は、他の話もあるんですが、私の知り合いの美容師さんが言うのは、美容師さんの多くは、だいたい一人目の子を流産するんだそうです。

美容師さんは、毎日化学物質の入ったシャンプーなどを使うので、手あれや体調不良がひどいというのは、美容師さんの間で常識みたいなところもあるようで、流産なさった美容師さんの多くは、「あぁ、やっぱりね」と言うんだそうです。

そして、その後の妊娠は、ちゃんと出産されて、何人も子供を産めてます。実は、私もそうでした。

子宮には、様々な毒素がたまりやすいと言います。頭皮に使うものは、ダイレクトに子宮に行くともいいますし、他の汚染物質も女性の場合は子宮にたまりやすいんだそうです。

私の勝手な推測ですが、もしかしたら、子宮をキレイに掃除してくれるために、最初は流産するのかも、、、と私は思いました。

私が流産した時は、自分が妊娠に気づく前に、こんなことがありました。

いわゆる、“見えないものが視える人”のお試しセッションをお遊びでしてもらった時、その人が第一声に言ったのは、

 「男の子がものすごく嬉しそうに、“僕ココ!”ってお腹のところにいます。妊娠してますよね」

私は、その時、「とんでもない!何かの間違いです!」と即答でした。

同じ日に、その後、別の人にボディーヒーリングをしてもらったら、今度は

 「あら?お腹のあたりに、ものすごくエネルギーが集まってる。こういう時って妊娠してる時なのよね」

と言われました。やっぱり、私は、「とんでもない!絶対妊娠なんてしてません!」と言いました。


その後、妊娠が分かった訳ですが、その子はすぐに流産しました。

その時の私には、まだまだ子供を持つなんてことは考えられず、妊娠してるなんて怖くて考えたくない!という状態でした。

でも、流産すると、そんな自分だったことを責める訳です。鬱になるギリギリ直前まで行きました。夜中に一人で布団の上に座ってシクシク泣いてるんですよw 気晴らしに外でお茶をしていても、ボーっとして何も考えられず、気がつくと泣いている人でしたw

こりゃあ、ヤバイ!と思いつつ、自力でどうしようもなかった時、やっぱり、フラワーエッセンスに助けられたのです。フラワーエッセンスを使うと、ホントにものすごく早いのです。

そのおかげで、「流産したのは悲しかったけど、来てくれて本当にありがとう! 今度はどーん!と受け止めるわよ~!安心して来いっ!」と、ガッハッハー!と高笑いできるまで、太っ腹になったらすぐまた妊娠しました。流産してから、そんなに間が明いていなかったので、産婦人科の先生にも驚かれたような気がします。

そして、生まれたのは、男の子。 たぶん、最初の妊娠の時にエネルギー体で来ていた男の子と同じ子だろうと私は勝手に思っています。

私の周囲の、“長年子供ができなかったのに、アッサリできた” という人もね、もしかしたら、長年妊活をしている中で、そういった罪悪感や悲しみをどんどん手放していけたんじゃないのかと思うのです。

それまでに自分に起こったこと、子供を流産した悲しみや罪悪感、子供をなかなか作れない自分を責めることなど、ぜーんぶ手放して、それらも全て意味があったから、起こったことだったんだ!と受け入れられた後に、あんなに頑張っても妊娠できなかったのに、アッサリ妊娠したのでは、、、、なんて思うのです。


もしかしたら、悲しみや罪悪感、自己否定、自分を責めること etc.などのネガティブな感情も、子宮に溜まるのかもしれません。

赤ちゃんは、自分が育つ子宮をキレイにして、健やかに自分の身体を育ててくれるよう、色々上の方で操作しているのかもw

そういえば、どなたかがおっしゃっておられましたが、“目に見えない存在が視える”人が、赤ちゃんが欲しいのに出来ないという人を“霊視”すると、赤ちゃんの魂は、もうその人の頭の上にいて、ウロウロしている状態の人が多いとか。

入りたいけど、入れないようなのです。どうしたらいいんでしょうね?


  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 23:38芸能ニュースから考えるフラワーエッセンス

2014年01月29日

石や植物を元気にするフラワーエッセンス

アンバー

プレスレットに使っていたアンバー(琥珀)です。

すっかり疲れ果てて、艶を失っていたので、試しに石のエッセンスをスプレーしてみました。

ちょっと艶が戻って元気になりましたが、まだ完全ではありません。

使ったジェムエッセンスは、パシフィックエッセンスの12のパワーストーンのエッセンスがブレンドされた「12ジェムズ」。12の石のエッセンスがブレンドされていますが、残念ながら、アンバーは入っていません。

うーん、やっぱり、アンバー単体のジェムエッセンスをスプレーしたほうがいいかな。

多くのフラワーエッセンスユーザーが言いますが、お花や植物にあげる水に、フラワーエッセンスを少量垂らすと、とても元気に活き活きとします。

それを思い出したので、石でもできるんじゃないか?と思って、試しに昨晩スプレーしました。

確かに、少し元気を取り戻したように見えます(パッと見た時の、艶や“生気”みたいなものが明らかに違うのです)。

でも、まだまだ弱い。これでは、すぐにまた元気をなくしそうです。

今、手元に、アンバーのジェムエッセンスがないので試せませんが、近いうちに取り寄せて試したいと思います。


この石は、とても私を助けてくれた石です。購入した時は、もっと薄い色だったのですが、どんどん濃くなっていきました。これを購入した店に見せると、「アンバーは使っているうちに色が薄くなるほうが多いので、珍しいですね」と毎回しみじみ言われました。

この石は、

 “喉を守る石とされ、喘息や喉の炎症など、呼吸器系の病を癒す”

と言われている石でもあります。

 “背骨の基底部、心臓、脾臓、甲状腺、喉などに働きかけ、エネルギーを補充し、生命力を高めるとされます”

ともあります。

(この石を購入した勾玉屋さんの石辞典から抜粋させていただいました)

私の母方の家系は、喘息持ちの人が時々でます。母も私も子供の頃から、喘息発作もちでした。

喘息は、エネルギーレベルの視点からみると、“言いたいことを我慢してのむこむ、我慢する、耐える” 人がなりやすい症状と言われます。その家系に引き継がれる思考パターンが体質として現れるとも言えます。

この石を加えたブレスレットは、ある時ふっとまた使いたくなりました。なぜかは分かりません。

でも、そんな時、このブレスは、いつもピカピカ輝いていました。

石の声を聞ける友人は、石に元気を吹き込めます。石からのメッセージも聞くことができます。

この石の入ったブレスレットは、かなり長い間、ずっとピカピカで、ちょっと艶がなくなってくすんでも、一晩浄化すると、すぐにまたツヤツヤに戻ったのですが、最近では、あっという間にまたくすんでしまいます。

私も、どうやら、体力が落ちている時に、このブレスをつけたくなるようで、つけている間は、確かに元気でした。でも、なんかまたすぐに疲れるようになったなぁ、、、と思って、ふっと見ると、この石もくすんでいるのです。

友人に言わせると、この石は、今でも私を助けたい!と張り切っていますが、もうそれだけのパワーが出せないとのこと。

パワーオイルに漬け込むなどの形なら、またパワーを発揮できるかもしれないけど、ブレスとして働くにはもう弱りすぎているとのことです。

友人がエネルギーを入れてくれるのですが、他の石と違って、この石はあっという間にまたくすんで元気がなくなってしまうようになりました。

そんな石です。

パワーオイルに漬けようかと思ったのですが、ふっと、花や植物をフラワーエッセンスが元気にすることを思い出しました。

エッセンスは、もともとその元となるもののエネルギーをパワフルに発しています。

もしかしたら、この石も、アンバーのジェムエッセンスに浸すことで、元気になるかもしれません。

また使えるようにするというよりは、“今までありがとう。しばらく、ゆっくり休んで静養して” という願いから、試したいと思っています。

また、その様子を報告したいと思います(^^)
  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 18:47使い方 フラワーエッセンス

2014年01月28日

音と氣

JR岸辺駅から少し行ったところに、面白い病院があります。

普通の病院なのですが、「NPO癒やしと健康ネットワーク」という活動もされていて、いわゆる“西洋医学”以外からのアプローチも研究されていて、様々な視点から、健康によいことを研究・実践なさっておられます。

> > > はしもと内科外科クリニック

最近の先生の好奇心は、“氣”のエネルギーをCDの音楽に転写すること。

CD

お医者さんだけあって、実験と検証を繰り返して、とことん納得するまでなさるのです。
自分一人で納得するのではなく、色んな人に試してもらって、とことん検証です。

さて、今日は興味のある人が20名弱集まって、“氣”を入れたCDを実際に聴いてみました。

同時に、音の振動にも癒やし、マッサージの効果があるので、それもこのCDで検証してみようということで、振動モジュールの入った音とともに振動するクッションと、抱き枕のように抱えられる細長いスピーカーも同時体験です。

まずは、最初は何も入れていないCD。同じCDで、それぞれ、基本的なエネルギーだけをいれたもの、リラックスのエネルギーを入れたものなどを聞いていきます。

面白いことに、何も入れていないCDは、平坦に聞こえます。

基本的なエネルギー(浄化などのパワーが入っています)が入ったものをかけると、音が深みが出たような気がします。それと同時に、意識がすっとクリアになり、音に対する感性もクリアになります。眉間から頭の部分がクリアになって、意識がはっきりします。

リラックス、筋肉のこりをほぐすものは、首から下にきます。そして、なんとなく眠くなってきました(^-^;

たまたま、“全く売れなかった”という、タイガースの応援歌のCDが何枚もあるというので、それでも実験です。

“全く売れなかった”というCDなので(笑)、正直印象もインパクトも薄くて、聞いていても全く頭に残りませんw
脳は、不要な情報と思ってスルーしているかのようです。

それを基本エネルギーを入れたCDの音にすると、こりゃビックリ。

音が深みのある音に変わったのは前の実験のものと変わらずですが、このタイガースの応援歌のCDの場合は、さっきは、何を歌っているかサッパリ歌詞も頭に入ってこなかったのですが、今度は、何を言ってるのかがハッキリ聞こえました。

リラックスエネルギーのものは、それがなくなります。やっぱり体がほぐれてきて眠くなります。

面白いですねw

思うに、たぶん、機械でその場を録画したり、録音したり、音を分析しても、どれも一緒じゃないのかと思います。

ただ、違うのは、人間の意識が、“ん?これはなんだ?何かあるぞ” と反応するから、音が深みを持って聞こえたりなどするんじゃないかと思います。

動物もそうですよねw  その動物の大好物があると、他の動物には全くわからないのに、その動物は、ものすごく敏感に、かつ、本能的に、素早く反応するという。

結局は、人間の肉体も、地球の資源を借りて一時的に“組み立て”させてもらった有機物。動物のような本能があって当たり前。これは、肉体が備え持つ力なんじゃないかと思います。

音もそうですが、五感を刺激するものは、肉体が生まれながらに持つ潜在能力を刺激して、思い出させてくれます(^^)

思考の力だけでは、なかなか生きていくのも大変ですから(笑)、こういう肉体の本能的な力のサポートも使えるように、五感を鍛えていきましょう♪

なお、このCDは、音を出さなくても流しているだけで、氣を感じます。でも、プレーヤーで流さないと出ないんですよね。不思議です。

スピーカーを直接体に当てると、氣が体に届きやすいそうです。

そして、振動スピーカーは、音の振動で心身のバランスを調整するという感じです。音の振動からは氣が出ているようには感じられませんでしたが、スピーカーの真正面に行くと、そこはなんか違いましたw。

使い方を切り分けるといいかもしれません。

あっ、ちなみに、これは私が個人的に感じたことなので、検証と効果の実証は、橋本先生がしてくださると思います。
お楽しみに(^^)
  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 16:53つれづれ
アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。