2014年03月30日

伝え方を変えるだけで人生は変わる その2

前回の日記からの続きです(^^)

詳しくは、ご著書を読まれたほうが早いので、ぜひ読んでみて下さい。

会社の面接や、誰かに頼みことをする時、好きな人をデートを誘ったりアプローチする時。

ちょっとした伝え方の違いで、断られたり、ゼロの可能性をOKに引き上げたり出来る。

そんなコツが7つピックアップされているだけの、とてもシンプルで、誰にでも出来る“伝え方”を教えてくれる本です。



「伝え方が9割」佐々木圭一著 http://amzn.to/1dS9SRd

たとえば、デートに誘う時。

「デートにして下さい」

「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」


レポートの提出を伸ばしてもらいたいとお願いする時。

「レポートの提出、延期して下さい」

「クオリティをあげたいので、粘ることできませんか?」


芝生に入ってほしくない

「芝生に入らないで」

「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます」


残業を頼みたい時

「残業お願いできる?」

「きみの企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」


子供に勉強させたい時

「勉強しなさい」

「いっしょに勉強しよう」



会社で落としにくい領収書を事務の方にお願いする時

「領収書をおとしてください」

「いつもありがとう、山田さん。領収書をお願いできますか?」



その他、

「あなたが好き」

「嫌いになりたいのに、あなたが好き」



「かつどん」

「かつどん!」

「あ、かつどん!」


「京都に行こう」

「そうだ、京都に行こう」



「これは、あなたの勝利だ」

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」



「ここのラーメン旨い」

「他の店がまずく感じるほど ここのラーメン旨い」



「あなたが好き」

「くちびるがふるえてる。あなたが好き」



「うまい」

「うまい うまい」



自分でも、どの言い方なら、聞いちゃう♪、お願い聞いちゃう♪というのが分かるでしょ?

長い説明文を書くときもこれを意識して書くと読み飛ばされずにすみます。あ、私の長文ブログにも、ぜひ織り込まなきゃ!ですね(笑)


   > 続きの話は、“分かっていても、なかなか出来ない” と言いたくなる方へ、実践のコツ、フラワーエッセンス的考察をまとめた次の日記(明日から表示されます)で!  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 10:28Comments(0)つれづれ

2014年03月28日

伝え方を変えるだけで人生は変わる その1

いい本だったので、ご紹介です(^^)

面接や、好きな人をデートに誘う時、誰かに何かを頼む時 etc. ちょっとした言い方の違いで、相手を怒らせてしまったり、お願いごとを聞いてもらえなかったり、伝えたいことがスムーズに伝わらなかったりします。

単純に、伝え方の順番だったり、相手の注意をひいてから伝えていなかったり、自分都合だけを押し付けるようにしか聞こえない言い方をしていることに自分でも気づいてなかったりすることがほとんどではないかと思います。

それで、どのくらい、人生で損をしたり、チャンスを逃してきたことか!

そう思っている人は、ぜひ読んでみて下さい。

こういうの、“その人の性格やセンスだからどうしようもない” と思い込んで諦めがちですが、単純に知ってるか知ってないか、実際に少しずつやってみて、習慣にしてってるか、してってないかの違いだけです。

さぁ、みんなでチャレンジ♪




「伝え方が9割」佐々木圭一著 http://amzn.to/1dS9SRd

著者は、幼い頃、引っ越しばかりの転校生で、引っ越すたびに話すアクセントの違いで好奇の目で見られるのが嫌で、人と話すことが嫌いだった人です。書くことも苦手。伝えることが苦手なため、理数系に進みます。

でも、人にうまく伝えられるようになりたい!との切望は強く、大手広告代理店に就職します。そして、経験もないのに、いきなりコピーライターとして配属され、それからは悪夢。何を書いてもダメ、肩書と実際の自分とのあまりのギャップに悩み、社会での自分の無価値さを痛感し、苦手なものを毎日やりつづけるというストレスで限界ギリギリ。

そんなギリギリの時、もがきながら、道を探している時に、いいコトバが集まっているといわれる詩集、書籍、名作コピー集を読みあさり、心をうつコトバ、感動的なコトバをノートに書き写していくうち、コトバの構造、法則に気がつきました。

そしたら、一気に、数々のコトバ/広告賞をもらうようになり、日本人コピーライターとして初めてアメリカの広告賞で金賞、ケミストリーさんや郷ひろみさんの音楽プロデューサーから作詞の依頼が来て、そのアルバムがオリコン一位になったり、大会講師に誘われたり。日本人クリエイター初のスティーブ・ジョブズのお抱えクリエイティブエージェンシーへの留学生にも選ばれる。

著者は、こう書かれています。

【変化は徐々に起こったのではありません。一気に身の回りが変わったのです。伝え方の技術を身につけたことによって。】

  > 内容については、次の日記(明日から表示されます)で♪  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 09:21Comments(0)つれづれ

2014年03月27日

手作りせっけん 波動

手作りせっけん

この一見おいしそうにみえるのは(笑)、手作りせっけん。

友人からもらいました(^^)。

最近無性に、“あーー!手作りせっけんで全身が洗いたい~!(>_<)” 衝動にかられてたら、こんな風に向こうからやってきてくれましたw  ありがとうございます(。-人-。)  ありがたく使わせていただいております~。

このせっけんには、オリーブ油、パーム油、ヤングリヴィング社のエッセンシャルオイル ラベンダーとティーツリー、ピンククレイ(ヨーロッパなどで自然療法で使われている、浄化作用の強い化学成分が含まれない天然泥 - 粘土といっても微粉末になってます)が入っているそうです。あと、上にローズマリーのハーブがかかってるんだっけな?

手作りせっけんは、とても気持ちいいんです(^^)  

なぜなら、左脳的に説明すると、

【石鹸は油と苛性ソーダが化学反応(鹸化)することによってでき、その過程で、グリセリンという天然の保湿成分が生成されます。

市販の石鹸はこのグリセリンを化粧品に使うため、取り除いています。手作り石鹸は、このグリセリンを石鹸の中に閉じ込めて固めてしまうのでしっとり柔らかい上質な石鹸になります】

せっけんを作るのに使う油がどんなのか、また、苛性ソーダの分量によって、使用感や色合い、泡立ち、出来上がりの滑らかさやしっとり感などが変わってきます。

なお、天然のものだけで作るので、酸化(茶色いシミや油くさい臭い)したり、カビたり、腐ったりもするので、早めに使い切ることが大切です。

と、一般的な説明はここまでにしておきますw


私が、手作りせっけんの気持ちよさにはまったのは、数年前、別の友人から、その友人が作った手作りせっけんをプレゼントされた時からです。

その友人のせっけんは、米ぬかが入っていたり、クレイが入っていたり、エッセンシャルオイルが入っていたり、色々あるのですが、エネルギー的な特徴で言えば、使うと、どんどん体から重いエネルギーが抜けていって、気持よくて、至福感に包まれるのです♪ それが、あまりにも気持ちよくて、普段は時間がなくてお風呂に入るのもめんどくさい感じなのに、そのせっけんがある間は、お風呂タイムが楽しみで仕方ないので、いそいそ♪とお風呂に向かってしまうのです(笑)。

なお、現在の日本の法律では、「身体に使うことを想定」した石けんは、化粧石けんという分類になり、薬事法による認可が必要になります。認可のないものは、「台所用石けん」「雑貨」に分類されます。

薬事法による認可のない手作りせっけんは、顔や身体への効能を謳うことはできないので、分類上は「台所用石けん」(手を洗う程度)になります。

そういう訳で、欲しい時は、自分で作るか、作っている友人に分けてもらう、高いお金をかけて薬事法による認可を取得したお店で買うしかない訳です。

あ、また脱線してしもたw

手作りせっけんは、お肌にもいい成分がギッシリですが、波動的にも全然違います。


今回は、たまたま、その前に、他のところで作った手作りの「マルセイユせっけん」をいただいて使っていました。

面白いことに、このせっけんを使うと、頭の中に、ものすごくマジメな人が毎回思い浮かぶのです。

それは、あたかも、紺色のリクルートスーツを来た学生のようなw。

カチッ!とマジメに引き締めてくれるようなエネルギーになるのです。

悪いものも排除する分、沸き立つようなものも流してしまうような。 とても、“マジメ” で、“中立的” に戻してくれるのですが、手作りせっけんといえば、最初に私にくれたその友達のせっけんのように、ウキウキ嬉しくなるエネルギーをもらえるだろうと思っていた私には、ちょっとつまらない面もありました。

でもね、そのせっけんを使い出してから、日常の事務的な作業などから逃げずに、向き合って、コツコツ取り組みはじめたのは事実です。

このせっけんは、実は、エネルギー的な視点でも診てくれる、ちょっと変わった病院の看護士さんたちが作ったものでした。せっけんを作る時の水に、そこの先生が氣を入れてるそうです。

そのせっけんを使った時、“紺色のリクルートスーツ的なエネルギー” に包まれた時、ある意味、なるほど~( ̄ー ̄)ニヤリッ♪ と興味津々でした。

だって、病院ですからね。病院で、どんなにいい治療をしてもらったとしても、嬉しさで興奮したり、ウキウキ沸き立つような状態になることは、あまりないでしょ(笑)。

さて、今回いただいたこの手作りせっけんはどうだろう?

入っているものからすると、私が手作りせっけんデビューしたキッカケの友人のものと似ています。

色もピンクが入っていて、とてもかわいらしいので、乙女チックな気分にさせてくれるかな?
((o(^-^)o))ワクワク♪ と思いました。

使って、コチラもとても面白くて、笑ってしまいました(笑)。

見た目と違って、ドッシリ腰が落ち着くような、まるで、家の土台をしっかり立ててくれるようなパワフルさ。

使えば使うほど、まるで自分が実業界のボスになったかのような、自信とパワーに満ち溢れているような気分になるのです(笑)。 ドラマや映画でよくあるような、でっかい部屋で高そうな椅子に、ドーン!と座っているようなw。

実は、この友人、女性なんですが、どこに行っても “あなたは、一家の大黒柱的なエネルギーの人” って言われるらしいんですw  パワーストーンのブレスをおまかせで作ってもらっても、まるでおじさんがつけるような種類のパワーストーンばかりが入ってたりして。オーラ的には、赤のエネルギーがものすごく強そうな人です(赤のエネルギーは、ビジネスをしたり、現実的にバリバリ何かを達成するエネルギーです)。

どうやら、手作りせっけんには、作った人のエネルギーがかなり入るみたいですねw

作る時に、水を使うから、水に入るんでしょうねぇ。

ここにフラワーエッセンスを入れると、また、面白いですね! ぜひ、入れてみてください(^^) 成分だけでなく、どんなエネルギーを入れるか、意図して選べるからいいですね~!

波動の高いせっけんも、使い分ければ、フラワーエッセンスのようにサポートしてくれますね。

やはり、全ては波動でできている、、、( ̄ー ̄)ニヤリッ









  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 18:07つれづれ
アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。