2016年08月18日

悶々考え続けると、脳が疲労します⇒自分内ブラック企業の出来上がり?

鈴虫寺さんのFacebookでアップされた法語です。

『花無心にして蝶を招く
蝶無心にして花を訪ぬ

花は蝶を呼ぶために花を咲かせているわけではない。
その時期が来たから花を咲かせているに過ぎない。
蝶は受粉を手伝うために花に近づくわけではない。
自分の餌となる蜜があるから花に集まるに過ぎない。
花にしても蝶にしても思惑をもっているわけでなく
自然の摂理に従って動いている。

人間もつまらない思惑を捨て
無心に今成すべきことを成せば良い。!
結果は後から勝手に後からついてくるものであり、
落ち着くべきところに落ち着くものである。』

こちらをフラワーエッセンス専門店 rumia(るみあ)のFacebookページでシェアした時につけたコメントにこう書きました。

『 多くの方が勘違いしてますが、肉体を酷使するだけでなく、思考エネルギーを使うことでも、かなりのエネルギーを消費しますよ。

悩みすぎると、1日使えるエネルギーをかなり浪費するので、疲れて、何をする気力も元気もなくなり、ボーッとしがち。

休息も必要ですが、使わないでいいことにエネルギーを使い果たし、ヘトヘトで何をする気にもなれないのと、エネルギー充填のためにする意識的な休息とは違います。』


  続きを読む


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 18:15つれづれ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。