2016年09月10日

内弁慶な人

引き続き、『言葉でホルモンバランス整えて、『なりたい自分』になる! ―一瞬で緊張と不安が消える魔法のメソッド』 大嶋信頼 (著)  より、ご紹介 第二弾です(第一弾はコチラ→ ストレス反応がずれる 自分の感覚を切り離している人々

ストレスを感じている時に、ストレスレベルが下がるという状態は、現実世界ではどういう状況を引き起こすと思いますか?
「頭が真っ白になって、まともに考えられなくなる」 

という状態。外では固まって何も言えなくなって怯えた鹿のよう。何も自己主張できなくなる。

でも、家に帰ると、ストレス刺激(ストレスを受けたその時でなく、後から現象としてやってくる)で暴力的になって、暴言を吐いたり、暴力を振る舞ってしまう。

弁慶
意外なのは、家でストレスを感じた時に、怒りを家族に吐き出せる人は、そうじゃないのかと思いきや、家の中でも外と同じようにストレスレベルが下がっている場合が考えられるそうですよ。

ただ、外と家とで違うのは、外では固まって自己主張ができなくなるけれど、家では頭が真っ白になって、“退行”=精神が子ども返りする - してしまい、子どもが思うようにいかないと手足をバタバタさせて「びえーん!」と泣き叫ぶのと同じように、暴言暴力をふるってしまう。頭の中は、ストレス刺激でストレスレベルが急激に低下してしまい、解離- 感覚が切り離されてしまってその場で適切な感覚が感じられない -して別人格になっている。ストレス刺激で別人格に変身して怒鳴り散らしていたり、暴力的になっているが、中身は弱弱しい子どもの姿だったりする。

このタイプの人は、外見は大人なのに、いつまでも自分が成長できていない気がする という感覚がある。

ストレス刺激がない時は、人に対してものすごく批判的で強気。でも、いざというストレス場面になってしまうと、固まってしまって、何もすることができないので、「何も成し遂げられないダメな自分」という感覚が抜けない。

このタイプが変わりはじめると、反抗期を迎え、ありとあらゆることに怒りが湧いてくるそうです。

そのさまは、まるで、子どもが成長する為の反抗期。母親を切り離すための反抗期。

この反抗期が出てくると、これまで母親の感覚に憑依して解離していたことを実感するのだそうです。

そして、クライアントさんは、どんどん母親の感覚を切り離して成長していき、外見と内面が一致して若返っていくとか。

以上は、『言葉でホルモンバランス整えて、『なりたい自分』になる! ―一瞬で緊張と不安が消える魔法のメソッド』 大嶋信頼 (著)  の一部をご紹介しました。

フラワーエッセンスをお摂りになって、変容の過程に進んでいくと、まさに、これと同じ過程をみます。怒りの感情がとにかく湧いてきて、フラワーエッセンスを摂っているからと思い出さなければ、自分がおかしくなったんじゃないか?と心配になるほど、とにかく、あらゆることに怒りが湧いてくる過程です。

大嶋信頼先生は、心理カウンセラーでありますが、脳内ホルモンや遺伝子のことにもとてもお詳しく、その視点での治療を採り入れられておられます。精神科などの病院に紹介されて大嶋先生のクリニックに訪れる方も多いようで、アメリカの専門大学で専門的に学び、アルコール依存症専門病院などに勤務されたりの、超バリバリの左脳派。

でも、ご著書を拝読すると、とても右脳的な力も使っておられる方で、クライアントさんのことや、疑問を考えていると、頭の中にメッセージが浮かんできたり、ビジョンが見えたりなども普通にあるという感じ。いわゆる、ヒーラーとか、スピリチュアルと言われる力も普通に使いこなしておられる方のように感じます。

ただ、そっち系は、論理的に説明できないので、それをどう論理的に、かつ、誰もができる方法として体系づけるかを柱に突き進んでおられる方のように私は感じています。

そのため、大嶋先生は、脳内ホルモンや遺伝子でご説明されておられますが、私はフラワーエッセンスの人間なので、フラワーエッセンスで同じような効果があるのなら、フラワーエッセンスも脳内ホルモンの分泌を正常に戻したり、遺伝子の調整をしたりもしてるのではないか? な~んて思いながら、フラワーエッセンスとの関連を考えながら読んでいたので、興味深くて仕方のないご著書です(笑)。

上記のケースのタイプに、これというスタンダードなフラワーエッセンスもあるんですよ。



同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
雑談は、自分を守り、助ける
女性創業支援塾にパネリストとして行ってきました
科学的に証明されていない
風邪と発熱はエネルギー調整
ストレス反応がずれる 自分の感覚を切り離している人々
悶々考え続けると、脳が疲労します⇒自分内ブラック企業の出来上がり?
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 雑談は、自分を守り、助ける (2017-09-27 09:59)
 “普通”であること (2017-05-11 09:37)
 女性創業支援塾にパネリストとして行ってきました (2016-11-01 14:38)
 本来の自分で生きられた時に、美しく光り輝く (2016-09-15 12:09)
 科学的に証明されていない (2016-09-12 22:01)
 風邪と発熱はエネルギー調整 (2016-09-11 10:08)

Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 12:03 │つれづれ本の紹介

アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。