フラワーエッセンス研究家の葛葉です。 › つれづれ › 本の紹介 › 本来の自分で生きられた時に、美しく光り輝く

2016年09月15日

本来の自分で生きられた時に、美しく光り輝く

引き続き、『言葉でホルモンバランス整えて、『なりたい自分』になる! ―一瞬で緊張と不安が消える魔法のメソッド』 大嶋信頼 (著)  より、ご紹介 第5弾です(第4弾はコチラ→ 科学的に証明されていない

このご著書では、心理カウンセリングで心の不調を治しに来られたクライアントさんに、もしかしたら、その人の性格や考え方に問題があるのではなく、ホルモンの分泌異常なのではないか?とか、遺伝子の過剰反応、ある特定の栄養素の不足、腸の疾患、甲状腺の機能不全 etc.ではないかという仮説の元、それらに関連するホルモンや遺伝子、腸の改善などを唱えてもらい、気持ちが改善されるかという例がたくさん紹介されています。たとえば、その一つ

「人は“光”を見ようとしない」

暗闇の中や不快なものをみて、恐怖を感じて、“緊張”のホルモンが分泌され、ホルモンの乱れを感じる。いったん引いても、さらにまた大きく押し寄せてくる。

でも、光に注目すると、そのホルモンの波は静かな“凪”になっていき、あれだけ乱れていた心の中が静かになっていく。

それにも関わらず、“光”をみようとしない。すがろうとも頼ろうともしない。

「光が眩しくて見えない」そうです。イメージするだけでも、眩しすぎて、頭痛がするのだとか。

それはホルモンの分泌に問題があるようで、それに関連するホルモンの名前や抗体を調整する言葉を繰り返すと、できるようになったそう。

その他、人のことがほめられない、人の言葉を真に受けすぎてしまう、相手が常に自分のことをバカにしているんじゃないかと思うのをやめられない etc.という心理状況について、このホルモン名を唱える、遺伝子の名前 etc.と検証していき、改善するまで。

こうなると、フラワーエッセンスはいらないんじゃないかと思います(笑)。 というか、大嶋先生のやり方でもできるし、フラワーエッセンスでも、また、他のヒーリングやツールでも、何でも代わることができるのだと思います。

ただ、私が個人的に感じるのは、手法やツールだけでなく、やはり、それを導く人のエネルギーの両方が備わってこそ、効果があがるのでは。。。。と言う気もします。 人もエネルギーですからね。


フラワーエッセンスプラクティショナーの私が読んでいて、共感する箇所が各所にちりばめられているご本ですが、そのうちの一つ。

自分では、唱えることでの変化は帰属(変化を感じられない、実感が得られない、何も変わらない)できないのだが、周りはそれを感じ取ることができ、そして、周りが変化していく。

フラワーエッセンスも同じくで、セッション後、口を酸っぱくしてお伝えしているのが、「家族でもお友達でもいいので、誰かに(自分が何か変わったかどうか)聞いてみてください。最近感じたことや最近のことを話してみてください」ということです。なぜなら、ご本人はサッパリ変化を感じないからです。周囲からみて、何か雰囲気が変わったな?とか、いつもと違うな と明確に見えている時こそ、本人は何も変わらないと思い込んでいるからです。同じなんですよ。



巻末の言葉

親のいうことを聞いて、謙虚で慎ましく生きていればいいじゃない!という声も聞こえる。人の言葉を真に受けてしまう=お人好し、だって大切な特徴だから、それをうまい具合にカウンセラーが受け入れさせて満足して生きるようにすればいいじゃない、と言われる。倫理的にも道徳的にもそれが“正しい”ということだから、それに従わないやり方は間違っている、と指摘される。たぶん、そのご指摘は正しいのかもしれない。
でも、ここで追及していきたいのは「何が正しいか?」ではなくて「クライアントさんが求めている美しさとは何か?」ということである。
クライアントさんが本当に求めているのは何か?をこれまで追求してきた。求めているものが得られるためだったら、人からの批判を浴びながらも突拍子もないことを追求してきた。それは、クライアントさんがさまざまなしがらみから解放されたら、美しく輝くから。その美しい輝きを基準として、セラピーを追及している。
何が正しいのか?何が間違っているのか?の基準にも美しさは隠れているのかもしれない。でも、これまでの臨床を見ていると、クライアントさんが抱えているしがらみから解き放たれて、本来の自分で生きられた時に、美しく光り輝く、という現象が起こる。そして、一度光り輝いたら、どんどん磨かれていき、あの姿に戻ることはなくなる。



フラワーエッセンスも、同じ思いでご提供しているので、おぉお!と思いました(私なんて、まだまだ大嶋先生の足元にも及びませんから、発展途上ですがw)。

ヒーリングやフラワーエッセンスは、これまでの医療とは、ほぼ反対の姿勢です。これまでの医療は、どんな形であろうと、今の社会に合わせるために、“不都合なところは切り捨てる・排除する”、“見えないように隠す・ごまかす”というのに近い。そのために、ひたすら耐え、我慢し、抑圧し、自分を切り刻む。そんな風潮に見えて仕方ありません(そういう意味で、社会や会社に都合のいいように、不都合な症状を“切り捨てる”ために、大嶋先生の教えてくださる唱える言葉を自分に唱えて効くんだろうか?と思います。そういう意味で、導き手のいないところで、一人で唱えての効果はどうなのかは私にはまだ分かりません。大嶋先生は、言葉に出さないとはいえ、この思いでセッションをなさっておられるので、クライアントさんも無意識のうちに感じ取っておられるはずですから)。

とは言え、意識的なお医者さんがどんどん増えて、だいぶ変わってきているので、期待もしているのが今です。

それでも、古い体制と意識がまだまだ根強い現状で、医療に近い現場で、この思いを貫かれているとは、本当に心を打たれます。

ぜひ、読んでみてくださいね(^^)




このテーマには、やっぱり、『Let it go』 がピッタリ(^^)。よかったら、もう一度聴いてみましょう♪



同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
雑談は、自分を守り、助ける
女性創業支援塾にパネリストとして行ってきました
科学的に証明されていない
風邪と発熱はエネルギー調整
内弁慶な人
ストレス反応がずれる 自分の感覚を切り離している人々
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 雑談は、自分を守り、助ける (2017-09-27 09:59)
 “普通”であること (2017-05-11 09:37)
 女性創業支援塾にパネリストとして行ってきました (2016-11-01 14:38)
 科学的に証明されていない (2016-09-12 22:01)
 風邪と発熱はエネルギー調整 (2016-09-11 10:08)
 内弁慶な人 (2016-09-10 12:03)

Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 12:09 │つれづれ本の紹介

アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。