2014年01月28日

蚕の繭 セシリン液 バイブレーションについて考えてみた

蚕の繭をそのままを圧力鍋で炊いて、シルクのお肌をツヤツヤにする成分を贅沢に絞り出した「セシリン液」を作るお料理教室、違った(笑)、勉強会に行って来ました。 繭だけでなく、桑の葉の薬効も一緒に教えていただき、おみやげもいただきました♪

繭

タイの繭を使います。タイの蚕は黄金の糸をはきます。なので、繭は黄金色です。

ちなみに、この袋入りの天然の繭は、このパッケージで、5個入り千円で、雑貨屋やさんや東急ハンズなどで販売されているものをサンプルに下さいました。

使い方は、お湯で柔らかくして、指に挿し、軽くお肌をパッティングするとお肌がツヤツヤになるというグッズです。

セシリン2

絹をとるときに、繭の端っこを少し切り落とします。切り落としたところは、糸を取るには短すぎるので、使い道がありません。セシリン液を作るのは、この切り落としたほうです(余談ですが、タイではなかのサナギは人間や家畜が食べるそうです)。

シルクはお肌をツルツルにしますが、シルクの布は、絹糸にするために、その外側についているセシリンというタンパク質を洗い流しているそうです。なぜなら、セシリンは、硬いので、いっぱい残したままにすると、硬い布となってしまのと、絹糸になる中心部にあるフィブロインというもう一つのタンパク質がプリズム状に光を反射するからです。

教えてくださったのは、大学で糖やタンパク質の構造や機能に関する研究を重ねてこられ、長年にわたって生化学者としてカイコの人工飼料の開発や桑の研究をライフワークとして取り組み,現在も桑葉の人への健康効果を世の中に普及する活動に取り組んでおられる『桑博士』原三郎先生です。

こんな著書も出されておられます。



桑博士のメタボ解消法

セリシン液も、キレイな黄金色です。塗ると、最初はベタベタするのですが、その後すっと馴染み、お肌がサラサラツヤツヤになります。

とても心地がいいですよ(^^) おうちで自分で作って下さい!という勉強会なので、なくなったら、自分で繭そのものを購入し、自宅で作ります。

私がこの勉強会に参加したのは、このセシリン液を持っていた方が試しに塗ってみて!とおっしゃるので、塗ってみたことから始まります。

すっと肌に馴染み、お肌がモチモチ、サラサラになるのにビックリしたのはもちろんですが、それ以上にビックリしたのはそのエネルギーでした。

このブログでも、度々繰り返しますが、フラワーエッセンスなんて波動系ツールと長年“遊んで”いると(笑)、波動をよく感じるようになります。なので、波動を感じて楽しめるという回路でも遊べるようになっているのですが、このセシリン液を塗った瞬間、フラワーエッセンスやパワーストーンなどとは、また違った感覚が来たのです。

もちろん、蚕の繭なので、虫のエネルギーかな?と思いましたが、虫ともちょっと違うような、、、、 

私は、虫のエッセンスは、アニマルエッセンスのマルハナバチ(バンブルビー)くらいしか飲んでないかもしれません(このエッセンスも、自分の芯がしっかりと立つので、とてもお勧めです!)。

それとも、また違う波動でした。

一緒にいたお友達も似たようなことを言っていましたが、肩から上に向かって、エネルギーが強烈に、気持よくグルグル上に向かって伸びていく感じです。不思議なことに、肩から下には全く来ないんです。

その後、じんわり、静かに頭の上からエネルギーが染みこんでいくような感じでした。そのさまは、あまりにも静かで穏やかに進むので、ほとんど感じないくらいです。

そのエネルギーが面白かったので、勉強会行きまーす♪と即答したのでした。

勉強会が進むにつれ、異様なほど眠くなってきました(繭を煮ている間の待ち時間に勉強会をしていたのです)。帰り道では、もうアクビが止まりません。その日は、すぐに寝ました。

私だけでなく、一緒に行った友人(同じく波動に敏感)も同じくだったようです。

私は、フラワーエッセンス研究家なので、どうしても波動をベースに考えてしまいます。

フラワーエッセンスは、その元となる花の色、形、生息地、表現(枝の伸びる様子や根っこ、植物全体が表現している姿)がそのフラワーエッセンスの波動として写し込まれています。

例えば、花びらや茎、葉っぱに繊毛がビッシリ生えている植物のフラワーエッセンスを作ると、コミュニケーションをサポートするエネルギーを持ちます(繊毛は、周囲のエネルギーや情報を敏感にキャッチしようとするエネルギーを表現しています)。

その視点で考えると、蚕の繭が表現しているエネルギーは何なんだろう?と考えました。

蚕の繭は、イモムシから蛾に変態するための「変身カプセル」。イモムシから蝶になるのは、すごい変身です。

ある意味、内部は保護された“異空間”。

ほ~、、、なるほど~。

そして、この繭の色は、黄色。

黄色は、光の色、闇で方向性を見失っている時に進むべき方向を照らしてくれる光。楽しみ、笑い、陽気、満足感などのエネルギーを放っている波長の色です。

ふーん?

そして、繭は、なめらかな楕円形。

楕円形は、まぁるく、まぁるく、、、、周囲と調和しながらニコニコと、、、って感じでしょうかねw

無性に眠い時は、エネルギー調整が起こっている場合が多いです。私と友人が無性に眠くなったのは、そのせいだろうと思います。

なお、無性に眠くなったというもう一人の友人と先ほど話をしていたら、その夜、お互い、こんな夢をみたことが判明しました。

「3mくらいある絶壁みたいな壁にふわふわの芝生が生えている。そこを登ったら、上半身はあがるのに 背中の荷物が重くて、下半身がよじ登れなくて落っこちる」

彼女は、目が覚めた時、「いらないもの捨てようと思った」そうです。

一方私は、色んな夢をみたんですが、1つも内容を覚えていません。

次々に色んな夢が出てくるんだけど、終わったら、シュン!とスゴイスピードで飛んでいってなくなるんです。色々夢をみたのは覚えているんですが、内容は全く覚えてないない。でも、ぜんぶきれいサッパリ飛んでってなくなったから、気分爽快で目覚めたのです。

お互い話したのは、どちらも“手放す”系の夢だねぇ ということでした。やっぱり、変態、いや、変容でしょうか(笑)


繭でフラワーエッセンス(波動水)を作ったら、面白そうですねw ホメオパシーには、そういうレメディもありそうな気もしますがw。

なお、昆虫に対するアレルギーを持つ人は結構いらっしゃるようなので、まれに、アナフィラキシー(急性の全身性かつ重度なI型過敏症のアレルギー反応)ショックを起こされる方もいらっしゃるそうです。

塗るのも最初は少量から、飲むのはやめといたほうがいいですよ(^-^; そういうものは、フラワーエッセンスやホメオパシーのレメディのようにして、波動だけを転写して摂取するのが安全です。


<補足>

これを使ったからと言って、全ての人が、波動的にこういうエネルギーを受ける・感じるという訳ではないですが、普段テレビを流しっぱなしにしていると、知らず知らずのうちに情報操作されているのと同じくw、なんとなくでも、波動の影響はありますよ。

なので、自分の身の回りに置くものは、自分にとって心地のいい、よい波動を発するものがいいのは言うまでもありません。

人間は、様々な音が飛び交う街中で歩いていても、その中から、自分に必要なものだけを受け取ります。波動からの影響もそれと同じですが、心を開いていれば、より一層いいものの“気配”も感じて受け取れるのは言うまでもなくw。

いい波動を感じたことのある人は、体が覚えているので敏感に見つけることができます。でも、その回路がまだ閉じている人は、いい波動のものを、しばらくじっくり身近で使うといいですよ(^^) そうすれば、自分に必要な波動に自動的に自分を開いて受け取れる回路が活性化してきます。  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 10:35薬品、薬を使わない暮らしつれづれ

2014年01月26日

やしゃごって?

最近、「明治天皇の玄孫(やしゃご)」の某御方がよくテレビに出てこられるので、"やしゃごって何?" と思って調べてみました。

孫の孫。曽孫の子。

曽孫?

はっ!これで、“ひまご” って読むのね~(^-^;

曽孫(ひまご)=孫の子

勉強になりましたm(_ _)m


そもそも、なぜ、最近、「明治天皇の玄孫(やしゃご)」の某御方をよく耳にするのか?

2013.11.06のニュースで、

【歌手、華原朋美(39)と、元皇族・竹田家出身で明治天皇の玄孫(やしゃご)にあたる慶大講師、竹田恒泰氏(38)との親密関係が明らかに!】

て報じられたんですね。

なお、竹田氏は戦後に皇籍離脱した旧宮家の竹田家出身で、現在、政府を中心に十一ある旧宮家の皇籍復帰の検討に向けて流れができつつあるそうで、もしかしたら、今後、竹田家が皇籍復帰となるか?!というところらしいですが、竹田恒泰さん自身は、ラーメン食べに行ったりする普通の人らしいです。

宮家のことは、よく分かりませんが、色々あるんですね~

明治天皇の孫で、国際政治評論家・国際ジャーナリストの中丸 薫さんの著書を時々読むので、天皇陛下以外の皇族の方々の生き方はどんなのだろう?と考える事があったので、ふと興味をひきました。

竹田恒泰さんも、興味深い著作を色々出されてます。

こんなのとか、



こんなの。




Amazonの内容を紹介を見ると、読んでみたくなりました。

(Amazonより抜粋)----------------------------------------------
内容紹介
『古事記』の神話編から初代・神武天皇までを非常にわかりやすく現代語訳し、旧皇族の視点による独自の解説をほどこした、これまでにない現代人のための古事記。日本の神々の息吹が、初期の天皇たちの躍動感が、リアルにダイレクトに伝わってくる一冊!

内容(「BOOK」データベースより)
「信じられないほど読みやすい」「はじめて最後まで完読できた」「今までで最高の現代語訳」との声が続々!あの竹田恒泰氏が日本最古の書に挑戦、神話編から初代・神武天皇までを非常にわかりやすく現代語訳し、旧皇族の視点による独自の解説をほどこした、これまでにない現代人のための古事記。日本の神々の息吹が、初期の天皇たちの躍動感が、リアルにダイレクトに伝わってくる一冊!
-------------------------------------------------------------------------

中丸さんもそうですが、この方も、日本人が本来持っている力みたいなものを伝えるお役目を果たしていらっしゃるようにも感じます。

一度読んでみよっと(^^)  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 22:39つれづれ

2014年01月25日

赤ちゃんが欲しい

赤ちゃん



「赤ちゃんが欲しい」とフラワーエッセンスの依頼がしばしばあります。

それをサポートするフラワーエッセンスもあるんですよ。「新しい生命を受け入れる準備をする」サポートエッセンスです。

これまで、私の身近な人で、10人くらい、子供が欲しいけど出来ないという人がいました。そのうちの数人は、フラワーエッセンスのクライアントさんでした。

フラワーエッセンスを気に入って使ってくれていた友人は、それまでボトルを作るテーマは、普段の仕事をスムーズに進めるための心のブロックを手放すためでした。

久しぶりに、彼女からフラワーエッセンスの依頼があった時、彼女はこう言いました。

  「今度、手術をするんだけど、その不安と怖れを抑えるエッセンスが欲しい」

聞けば、なんと、彼女は子宮をとる手術をすると言うのです。初耳でとても驚きました。彼女は、子供に対する葛藤をおくびも出さない人でした。彼女は、すでに子宮をとる決心が固くて、あとは、それを怖れることを抑えるだけ!と決意していました。

彼女の通っていた病院は、子宮摘出手術が多い病院でした。入れ替わり立ち代わり、子宮摘出の手術をした人が、入院しては退院していく。

担当医にこう言われたそうです。

 「あなたの子宮は、度々不具合を起こすから、これから閉栓していくことを考えたら、とってしまったほうがいい」

彼女は、その病院以外、どこも行っていませんでした。西洋医学以外のアプローチでの治療も全くしてこなかったようです。

彼女は、実はずっと子供が欲しかったそうです。でも、なかなか出来ない。自分の女性としての器官に問題があるからだ、、、と、どんどん追い詰められ、誰にも相談しようともしませんでした。

医者にそう言われた時、彼女はすぐに承諾したというのです。

一生懸命説得しても、もうダメでした。彼女が言うのは、「検査や手術を怖がらずに受けられるようにするためのフラワーエッセンスが欲しいだけだから」だけです。

明らかに、彼女の本当の気持ちは、“子宮をとりたくない!子供を産みたい!”と言っているのです。

でも、彼女はもう追い詰められたあまり、“子宮がなければ、子供が産めなくても仕方ないんだから、、、” と自分を納得させる道を選んでしまったのです。

手術まで、もう1週間もありません。もう一度、他のアプローチなどを考えてみてほしい。そのことをテーマに、フラワーエッセンスをしっかり使っていったほうがいいと必死に説得しましたが、ダメでした。言えば言うほど、彼女は頑なになるばかり、、、、。

あぁ、なんてことでしょう。彼女の心の傷があまりに深すぎて、他人はもちろん、自分でも触りたくなかったのです。

とてもショックでした。フラワーエッセンスの効果を実感し、気に入って長らく使ってきていた人だから。

彼女は、子宮をとってしまいました。



私のセッションに、「子供が欲しい」と言って来られる方に感じるのは、子供が欲しいのは、なぜなのか?ということです。

ご本人の希望「子供が欲しい」というのがあまりにも強すぎて、明らかにそういう定義のエッセンスをご希望されるので、お出しするのですが、見ていて感じるのは、“今は、このエッセンスの時期ではないから、効果は感じられないんじゃないか” ということです。

私の周りで、長年子供が出来なかったのに、ある時あっさり妊娠した人は、全員こんな感じです。

   “散々色々試してきたけど、妊娠できなかったから、もういいや!もう必死に頑張るのも、もうやーめた。子供はいてもいなくてもいい”

引き続き、子供ができやすくなると言われることをしますが、結果はもう求めていないのです。

  “できたらラッキーだけど、まぁ、これしてたら気持ちいいし、色々試してみるのが楽しいからやってるだけ”

それまでは、必死の形相で、子供を産めなきゃ私は価値がない!ごとく、誰の言うことも耳に入らないさまで、頭の中は、ただそれだけ。何を聞いても、妊娠できない自分を責められているように聞こえてしまう。

そんな時期を数年過ごした後、ある時、ふっと肩の力が抜けるのです。

  “子供を産んでも、産まなくても、私には価値がある。存在意義がある”

ふっと、そう思える瞬間が来るようです。

前にフラワーエッセンスを使った時は、全く効果を感じなかったけど、もういっぺん、できることは全てやってみようと始めたプラクティショナー(フラワーエッセンスカウンセリングをして、人さまのために調合ボトルを作るお仕事をする人)の友人は、あっさり妊娠しました。

別の友人は、「実は長年不妊治療をしてきてたんだけど妊娠できずにいたの。もう、ほとんど諦めてるから、妊娠することに固執してないんだけど、どうせなら、色々試しておきたいから、何かあったら声掛けて」と、ある日いきなり連絡がありました。

ちなみに、この友人も、その時はじめて私に不妊治療をしていると打ち明けました。それまでは一切誰にも感付かれないようにしていたようです。

この友人も、体の使い方、緩め方を教えてくれる先生の教室に一緒に行きだしてすぐ、あんなに失敗続きだった、不妊治療での着床がすんなりうまく行き、妊娠しました。

別のクライアントさんは、子供を作ることをテーマにセッションに来られましたが、なんかね、、、そのテーマじゃない気がしたんです。なんで、子供が欲しいのか?を明確にして、そこから浮上してくる別のテーマに取り組まれたほうがいいんじゃないかと感じました。

自分の子供に会いたいというよりは、世間的に、そろそろ産んでおかないと自分の評価が下がるんじゃないか?という不安と恐れでガチガチになっているように視えました。

調合ボトルを作る時には、それを飲まれるご本人が、飲み続けるモチベーションを維持できるよう、具体的なテーマと、それに対して、日々ご自分がどのように変わっているかを感じられる手助けとなるものが必要です。

赤ちゃんを受け入れる準備を整えるテーマのエッセンスと共に、私が感じたことをサポートするエッセンスで調合しましたが、彼女の意識は、「妊娠するかしないか」だけだったので、彼女は効果を受け取れませんでした。

その後、しばらく経って、彼女のエネルギーの、ある種の硬さからふっと力が抜けたように感じたことがありました。その後、妊娠されたようです。

後で聞くと、その頃、お引っ越しされて、環境の変化と共に、心境の変化もあったそうです。そして、こうおっしゃいました。

 「あの時、子供のことでフラワーエッセンスを調合してもらいましたが、あの時は本当に子供が欲しいと思っていなかったと今になって気づきました」

「あぁ、そんな気がしてました」と、つい返してしまいましたw



フラワーエッセンスなどでサポートするのは、

  「赤ちゃんを受け入れるキャパをつくる」

ということです。自分でいっぱいいっぱいすぎて、ガチガチになっているところに、赤ちゃんの魂は降りたくても降りられなくて、困っています。

肉体も、お母さんとなる人の体がリラックしていていて、温かくて、エネルギー的に“ふんわり”していて、思考ばかりが活性化しているのではなく、直感や本能 - “なんとなく、そんな気がする” と言ったような感覚 - がきちんと働いていて、優位になっていないと、赤ちゃんは、降りてこられません。

子供がなかなか出来ない別の友人は、「母になるのが恐い」「私は赤ちゃんを持つ資格がない」という、本人も気づいていなかった思考パターンを抜くと、その後すぐに妊娠しました。


そんな実例を見てきたので、子宮をとるという友人にも、病院以外のこんなアプローチでもう一度チャレンジして欲しかったのです。でも、手遅れでした、、、。

彼女が、女性としての自分に自信を持つ、自分をありのまま受け入れる、女性としての恐れ、不安を手放していく、妊娠することだけに価値をおかない、誰かに評価される・拒絶されるに違いないと思い込んでいる自分の思考パターンを手放すetc. などを一つ一つテーマに取り組む勇気があったなら、、、と思います。


「妊娠したい」と願って、フラワーエッセンスのセッションに来られる人に、私は、

 「では、まずそう思っていることをスッカリ頭から追い払って、スッカリ忘れましょう」

と言いたいくらいです。

多くの場合、妊娠できない自分を責めていたり、受け入れなかったり、みんなから責められているように無意識のうちに感じていたり、全ての悪いことを自分が妊娠できない口実にしてしまっていたり etc. です。

まずは、自分を見つめて、弱さもダメさも受け入れて、怖がらずに、自分の足で立つことです。それを目標に、まずは、フラワーエッセンスも使ってみて下さい。

え?そんなことしなくても、あっさり妊娠している人はいっぱいいるって?


そうですね(^^) その通りです。

でも、あなたのところに来ようとしている赤ちゃんの“要求”が高いんだと思います。

また、それは、あなたと、あなたの元に産まれると決めた魂が、生まれる前にきっとこう約束したんだと思います。

 「私が自分を受け入れて、愛するようになれた時に、あなたを産みたい。それまで、待ってて」

もしかしたら、こんな約束もしたのかもしれません。

 「もし、そうなれなかったら、私は今世であなたを産むのは諦める。他の人から産まれてきて、私に会いに来て」


人生全てを楽しみながら、軽やかに、リラックスして、取り組んでいただければと願います。






  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 22:43使い方 フラワーエッセンスつれづれフラワーエッセンス 豆知識

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。