2015年09月25日

フラワーエッセンスとブランデー 前置き

フラワーエッセンス 調合ボトル トリートメントボトル


フラワーエッセンスの発見者バッチ博士が書き残した、フラワーエッセンスの作り方、使用法を見ると、保存料として入れるブランデーの記述には、

 「オークの樽で熟成されたブランデーを使用する」

と書かれています。

ブランデーはヨーロッパで生まれたものなので、真面目な日本人は、ここで真剣に考えてしまいます。

 ・ どのブランデーがオークの樽で作られたのか、どうやったら分かるの?

 ・ ブランデーを買おうと思ったら、色々ありすぎて、どれがいいのか分からない。

フラワーエッセンスプロデューサーの方が日本でセミナーをすると、日本人は細かいことを知りたがると笑います。 一つ一つのことを、どうするのが正しい“作法”が聞きたがるからです。

フラワーエッセンスは、使う人が直感で、自由に、様々な場面で、枠にとらわれずに使ってよいものなので、プロデューサーの方々はそれを一番に置いておられます。 でも、それでは、真面目な日本人が戸惑うので、目安として、どのくらいの量をどんな頻度で使うのかを提示して下さっておられますが、それはいつでも破っていいとおっしゃいます。

さて、ブランデーの話に戻ります。

バッチ博士は、一家に一セット置いて、誰もが気軽に、いつでも摂取できるように普及させたいと願っておられました。いちいち専門家に頼まなくても、誰もが家庭ですぐにケアできるようにと。

バッチ博士のそういった思いを考えると、バッチ博士が 「オークの樽で熟成されたブランデーを使用する」と書かれているのは、当時、イギリスでそれが最も安価で入手しやすかっただけではないかと考えられます。

ブランデーは、フラワーエッセンスに使っている水が腐らないようにするための保存料として入れます。昔の薬にも、同じ目的でアルコールが添加されていたと言いますから、その意味合いと同じでしょう。なにしろ、バッチ博士は、最初は西洋医学の医者だったのですから。

ブランデーは、一般的に、ぶどうを原料として作られ、オーク樽に貯蔵します。言ってしまえば、何も特別な指定をしない限り、ブランデーと言えばそれだということ。

では、なぜ、バッチ博士は、わざわざ、「オークの樽」と記載しているのでしょう?

バッチ博士が発見したフラワーエッセンスは、主にイギリスに生息する花や木々です。 オークのエッセンスもあります。

フラワーエッセンスは、波動のものですから、同じ土地で育った、波動の近いものを使用するほうが、より、エッセンスとしての波動を損なわず、維持できるのではないか?とバッチ博士はお考えだったのではないでしょうか。

私たちも、なんとなく、

“オークのエッセンスは、オークの樽の中で作られたブランデーと相性がよさそう。効果が高そう。”

と感じますよね。


なお、先日吉野杉の割りばし工場を見学した時に、こんな話を教えてもらいました。

====================================
吉野杉の中心部分、赤めの部分は、杉のオイルがたっぷり染み込んでいるので、木の外側より赤っぽく見える。

その部分には、杉のエッセンシャルオイルが最も含まれていて、最も水に強い部分のため、酒樽をつくる時に使われる貴重な部位で、金額的にも高い。

酒樽を作るために採った木材の余りが割りばし工場に回ってくるのだが、時々、そういった赤いところもたまに残っている。

その部分で作られた割りばしは、割りばしの一級品で、とても高い。

お酒の好きな人は、そういった“赤い箸”を探して入手し、お酒を飲む時に、その箸でお酒をクルクルと混ぜると、杉の香りがお酒につくのを楽しむ。

====================================

言うまでもなく、お酒も、その土地で摂れる材料で作られます。 日本では、ぶどうはそんなにいっぱいありませんでした。酒樽に使える木は、オークではなく、杉だったのです。

杉の酒樽で作られた日本酒を飲む時に、杉のオイルをたっぷり含んだ赤い割りばしで混ぜることで、さらに、杉の香りがお酒に添加される。

これって、あたかも、

“オークのエッセンスを飲むなら、オークの香り(オイル)が入ったブランデーで飲みたいなぁ♪”

というのと同じ感覚ではないかと思うのです。

でもね、赤い割りばしがなくてもいいのと同じで、あったらさらに味わえるけど、なくてもいい。そういうものだと思うのです。

とてもマジメな日本人は、できるだけ“正統”で、“間違いのない”作法をすることで、最高の結果を味わいたい!と思います。

でも、フラワーエッセンスは、かなり懐が深く、なんでもありを受け入れてくれる世界なので、“キッチリ”、“絶対この作法でないとダメ!” という世界とは正反対。規則や作法、ルールにキッチリ従うのではなく、もっと、ゆるゆるで、自分自身の直感やインスピレーションを信じて、自分の心地よいほう、心のおもむくやり方でやってください!という世界です。



  続きを読む


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 12:59フラワーエッセンス 豆知識

2015年09月24日

フラワーエッセンス 調合ボトルの作り方 その6



(その5からの続き)
写真はありませんが、さらに、ボトルに「Ceeport」と印刷したシールを貼ります。これも、ハワイの伝統的なエネルギー的問題解決法「ホ・オポノポ」を提唱しているヒューレン博士に教えてもらったものです。

「Ceeport」は、浄化します。

『CEE』=クリーン、消去する。 『port』=港が合体した言葉で、クリーニングすると本来の港に戻ることが出来るというパワーを発揮する言葉。

バッチやシールも販売されていますが、ヒューレン博士は、こう書いて貼るだけで効力を発揮すると著書に書かれていたので、大丈夫。

これだけのことをするのは、フラワーエッセンスの波動に、周囲の不要なエネルギーや、調合する私自身のエネルギーを入れたくないからです。

術者がエネルギーを注入する波動水もありますが、私がご提供しているのは、フラワーエッセンスにこめられた自然界のエネルギーだけを、できる限り純粋にお客様に届けするもの。なので、それ以外の波動(場所の波動や私の波動など)を出来る限り、排除します。 私の波動を入れても仕方ないですからねw

これで、調合ボトルは完成ですが、必要だと感じる時は、フラワーエッセンスの波動をさらにサポートしてくれるような、カードのエネルギーも転写します。 ボトルとお客様を感じながら、カードをひきますが、毎回妙に納得するカードになります。

フラワーエッセンス 調合ボトル トリートメントボトル


今回は、クロップサークル - ミステリーサークルのカードです。

クロップサークル

このカードのエネルギー

「インナー・チャイルドと繋がり、陰陽の側面へ向ける。左脳と右脳そしてリンパ・システムを活性化する。私たちの気づきを3次元へと開く」

クロップサークル

ちなみに、クロップサークルのエネルギーを転写したエッセンスもありますが、とても波動が高すぎるので、飲用せずに、お部屋に置いて場のエネルギーを調整するのに使ったりします。 飲んでも大丈夫ですが、ぶっ飛びすぎて、日常生活から遊離する場合もあるので、自己責任の上でどうぞ。


使用するのは、このカードシリーズか、ヒーリングエンジェルカードです。

ヒーリングエンジェルシンボルカード 22

クロップサークルカードもそうですが、どちらも、シンボル。 シンボルや幾何学模様や数字は、雑音の混じらない純粋なエネルギーなので、使用しています。

この過程で、どのカードを使用したかをお知らせすることは滅多にありません。 いわば、調合ボトルの土台を、念のために補強しておくか というレベルのものだからです。微調整のために使うようなものです。

最後に、出来上がったボトルを自分でも試飲して、波動をチェックします。

フラワーエッセンス 調合ボトル トリートメントボトル

飲むと、体感でエネルギーを感じますので、このエネルギーは上に上るもの、下に落ちていくもの、暖かくなる、光を感じる etc. が分かります。

これで完成です!

エッセンスたちは旅立つことを、心待ちにしています。 人間のために働けることをとても喜び、張り切っています。

私は、このボトルが、お客様の本来の魂の輝きを取り戻すために、精一杯力を発揮できるよう祈るのみです。

ただ、祈りは、気を付けないと、いつの間にか、思いやエゴを相手に押しつける、コントロールしようとするほうにも変容しやすいものですから、私の意識で祈りません。宇宙を信じて、光を注ぐ。。。。といったような感じでしょうか。

他からの影響からも守られるという意図も注ぎます。これだけ色々準備していたら、やらなくても大丈夫ですけどね(笑)。

フラワーエッセンスプロデューサーさんたちも、フラワーエッセンスをボトリングして世界各地に発送する時に、こうした意図を必ずします。人間にはそういう力があります。世界各地でセミナーをするために、飛行機で飛ぶプロデューサーさんたちは、フラワーエッセンスを持参することで、エッセンスの波動は変わっておらず、世界各地で効果を及ぼしていることを実証なさっておられます。

フラワーエッセンスは、瓶に封入された便利な“道具”です。 どこで買っても、誰から買っても同じものだとお考えの方も多いです。 

しかし、フラワーエッセンスに込められているのが、物質成分でもなく、バイブレーションだけですから、様々な環境や意識から、全く影響を受けないとは言い切れません。どうしても、作り手、フラワーエッセンスに携わる人間、トリートメントボトルを作る人の波動が入ってしまいます。

あなたの直感で、安心感を感じるところ、店、人からエッセンスを手に入れて欲しいと、心より願います。


  


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 22:13フラワーエッセンス 豆知識

2015年09月16日

フラワーエッセンス 調合ボトルの作り方 その5



キレイに水分を拭き取ったら、ラベルを貼ります。ラベルは、別に貼っても貼らなくてもよいですが、調合ボトルを作成した日だけでも、どこかに記載しておくほうがよいです。品質保持の観点から、ブランデーを使ったものは、3週間程度で飲み切ること、ビネガーや植物グリセリンだと、それより早く、2週間程度で飲み切ることを目安とするからです(実際には、それ以上もちますので、衛生を維持するための指針に過ぎませんが。。。)。

私は、ラベルにお客様のお名前と、そのボトルを何のために摂るかを毎回目にしてイメージがスッと入ってくるような画像を入れたりしています。結構、そういう、さりげなく目にすることに、人間の潜在意識は大きく影響されていますから、摂取するたびに、こうして目にして、“意識化”することはとても重要なのです。
フラワーエッセンス 調合ボトル トリートメントボトル

なお、ラベルの裏に、“コッソリと” 裏向きに【愛・感謝】の小さな文字を貼ります(たまに貼っていない時もありますが。。。(;^ω^))。 時々、これに気づく方もいらっしゃいますが、気づいておられない方のほうが多いと思います。

「水からの伝言」の江本勝博士の実験で、【愛・感謝】の文字を水に見せると、水の潜在パワーを思いっきり引き出したとても美しい結晶に整うことが分かっています。

  続きを読む


Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 18:54フラワーエッセンス 豆知識
アクセスカウンタ

1990年にフランスで開催されて以来、世界各国で開催。
これまでで最大規模で、2014年5月2日~6日 日本で13年ぶりに開催。